サービス人気ランキング

48時間以内にお届けします

お手頃価格で学生さんに人気

MBAなど各種推薦状の英文校正

特集記事

第1回 英語で論文を書く際に注意すべき冠詞~contribution~

弊社では英語のネイティブスタッフによる論文の添削・校正サービスをご提供しています。

 

日本人の学生さんが執筆した英語論文において、冠詞の使い方にネイティブチェックが入ることが非常に多く、ほぼ100%の割合で冠詞のミスが含まれていると言ってもよいほどです。

 

当コラムでは、英語論文の執筆にあたって日本人の...

1/1
Please reload

最近の記事
Please reload

過去の記事
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

第1回 英語で論文を書く際に注意すべき冠詞~contribution~

弊社では英語のネイティブスタッフによる論文の添削・校正サービスをご提供しています。

 

日本人の学生さんが執筆した英語論文において、冠詞の使い方にネイティブチェックが入ることが非常に多く、ほぼ100%の割合で冠詞のミスが含まれていると言ってもよいほどです。

 

当コラムでは、英語論文の執筆にあたって日本人の学生さんが間違いやすい冠詞の使い方をご紹介していきたいと思います。

 

◆今回は“contribution”という単語に注目してみましょう。

 

“contribution”といえば、「貢献」という意味を表現したいときに使うことが多いのではないでしょうか。

日本語で「貢献」というと、抽象的な概念なので不可算名詞として考えてしまうかもしれません。

 

実際、日本人の学生さんが書かれた論文の中で“…makes great contribution”のように冠詞がついていない事例がよく見受けられます。

 

しかし、この“contribution”という単語は基本的には可算名詞だと考えてください。

 

つまり、一般的な「貢献」を表したい場合は、

“a contribution”という単数形、もしくは、“contributions”という複数形になります。

 

▶John made a 50-dollar contribution to a political party.

(ジョンは、ある政党に50ドルを(1回)寄付した)

複数回に渡って寄付を行ったなら、“made contributions”という複数形になります。

 

▶John made (many) positive contributions to society.

(ジョンは社会に積極的な貢献を行った)

"contributions"という複数形にすることによって、さまざまな形の貢献もしくは複数回による貢献を表現することができます。

 

なお、上の文を“a positive contribution”という単数形で表すことも可能です。

その場合、ジョンが行った貢献を集合的なひとつのものとして捉えていることになります。

 

上記例文“a positive contribution”のように“contribution”を形容詞で修飾することが多いのですが、

以下の形容詞を使うことで、どんな”contribution”かを表現することができます。

  • a great contribution/great contributions

  • a huge contribution/huge contributions

  • an important contribution/important contributions

  • a major contribution/major contributions

  • an outstanding contribution/outstanding contributions

  • a positive contribution/positive contributions

  • a significant contribution/significant contributions

  • a useful contribution/useful contributions

  • a valuable contribution/valuable contributions

  • a substantial contribution/substantial contributions

 

※単数形を使うか、複数形を使うかは文脈によって判断する必要があります。

 

最後に一点だけ注意していただきたいことは、基本的には可算扱いになる“contribution”ですが、

“contribution”という手段を示す場合は不可算扱いになります。

 

▶The money was raised by voluntary contribution.

(そのお金は自発的な寄付によって集められた)

 

“I went to Tokyo by train.”や“Can I pay by credit card?”、“I’ll send it by email”のように様々な手段を表すときに冠詞がつかないのと同じように考えることができますね。

 

Please reload

サービス人気ランキング