大学の論文や英検、IELTSなどのアカデミックな英文で使うことができる接続表現をご紹介します。

英検やIELTS等では、以下の接続表現を正しく使うことで得点アップを狙うことができます。

​◎話題を変える場合に使える接続表現

As for・・・,  As to・・・, (~に関して)

As for the applicability of these findings to a wider population, further clarification is needed.

これらの調査結果をより多くの人々に適用できるかに関して、さらに明確にする必要がある。

As regards・・・,  With regard to・・・, In regard to・・・,(~に関して)

As regards a solution to the long-term problem, very few real advances have been made.

その長期的な問題の解決策に関しては、実質的な進展がほぼない。

Regarding・・・, (~に関して)

Regarding the changes observed in the second study, we can offer the following hypotheses.

二番目の研究で見られた変化に関して、以下の仮説を提示することができる。

With reference to・・・, (~に関して)

With reference to basic expenditure across the ten different districts, we can see from Table 10 that three areas stood out in terms of their spending for the period in question.

10の異なる地区の基礎的支出に関して、該当期間の支出の点で3つの領域が際立っていたことが表10から分かる。

 

Now for・・・, (次は・・・に関して)

Now for the second set of results, we can see that some people are more susceptible to the disease.

次は二番目の結果に関して、一部の人々はその病気にかかりやすいことが分かる。

 

Speaking of・・・,(~について言えば) 

Speaking of the details surrounding the case, the following points have now become clear. 

事件の詳細について言えば、次の点が明らかになった。