サービス人気ランキング

48時間以内にお届けします

お手頃価格で学生さんに人気

MBAなど各種推薦状の英文校正

特集記事
最近の記事
過去の記事
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

第4回 可算・不可算が紛らわしい単語~content~

当コラムでは、英語論文の執筆にあたって日本人の学生さんが間違いやすい冠詞および単語の使い方を

ご紹介していきます。

◆今回は、“content"という単語に注目してみましょう。

“content”といえば、「コンテンツビジネス」のように最近では日本語としても使われるようになってきましたが、一体どんな意味なのでしょうか?

① 映画やテレビ番組、記事、スピーチなどの中身(内容、テーマ)について話すときは、単数形。

→映画などの内容をひとつの固まりとして捉えている。

例:It is a great game visually, but it lacks content.

(見た目はすごいゲームだけど、中身がない)

例:This film contains adult content.

(この映画は成人向けの内容を含みます)

② 箱や瓶、カバン、ポケットなどの中身について話すときは、複数形。

"contents"という複数形にすることで、ペンや財布といった具体的な例を指すことができる。

例:Sara emptied out the contents of her bag on the desk.

(サラはカバンの中身をすべて机の上に出した)

また、家などの建物や部屋の中にある物を指すときも複数形で表現。

例:The leaflet describes the contents of the art gallary.

(そのリーフレットはアートギャラリーの所蔵品について説明している)

※テレビやパソコン、冷蔵庫など家の中にある物に付帯する「家財保険」を英語では、"contents insurance"と呼びます。

③ 本や論文などの「目次」は複数形。

英語の教材や論文などで下の写真のように"Contents"と書かれているのを見たことはありませんか?

"contents"という複数形で「目次」(項目)を意味します。

#冠詞 #可算名詞 #不可算名詞 #ネイティブチェック

サービス人気ランキング

1月中の納品分を受付中

お手頃料金で学生さんに人気

MBAなど各種推薦状の英文校正

© 2020 by JM Translations. 

                      info@jmtranslationservice.com