IELTS ライティング対策

イギリスの大学や大学院に進学するためには、通常IELTSを受験しなくてはいけません。

こちらのページではIELTSのライティングで高得点を取るためのポイントをご紹介します。

  • IELTS(アカデミック)のライティングとは?

IELTSのライティングは、60分の制限時間内にタスク1とタスク2の両方に解答します。

 

  • IELTSライティング - タスク1 (約20分)

グラフやチャート、写真などが与えられ、それに関する情報を150字以上で説明します。

タスク1の問題と解答例を見る

 

  • ​IELTSライティング - タスク2 (約40分)

与えられたトピックに関して、自分の意見を250字以上で述べます。

タスク2の問題と解答例を見る

  • IELTSのライティング採点基準

IELTSのライティングで高得点を獲得するための3つのポイント

  1. 接続表現を正しく用い、論理的でまとまりのある文章にする。

  2. 同じ単語を繰り返し使うことなく、別の言葉で言い換える。

  3. 複雑な構文を用いる。

上の3つのポイントを意識して書けば、IELTSのライティングセクションで高得点を取るのは難しくありません。

特にタスク1に関していえば、いくつかの言い回しを覚えておくだけでどんな質問にも対応することができます。

また、IELTSのライティングは自分がどんな単語や構文を知っているかを見せる場でもあります。

同じ単語や構文を何度も使うのではなく、さまざまな単語や構文を使って自分の知識の多さを示しましょう。

サービス人気ランキング

​当日24時までの仕上がり

お手頃料金で学生さんに人気

MBAなど各種推薦状の英文校正

48時間以内にお届けします

© 2020 by JM Translations. 

                      info@jmtranslationservice.com